総量規制対象外のカードローンとはどんなカードローン?

総量規制は2010年のグレーゾーン廃止にともない執行された新しい法律です。
内容な自分の年収の3分の1以上の借入はすることができない、というものです。
たとえば年収150万円の人はその3分の1である50万を超える借入はできません。
この法律が執行された背景は、世の中に増える借りすぎによる借り倒れを防ぐためであり対象は高金利で貸出をしている消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシングとなります。

 

総量規制対象外でのカードローンを利用したい場合は銀行となります。
銀行は審査にさえ通れば年収に関係なく借入を申し込むことができます。
しかし注意しておきたい点はまず最初に複数の消費者金融に借入の申し込みをしてしまいますと銀行のカードローン審査に通りにくくなるという点です。
たとえ実際に借入をしていなくても申し込みをした時点で個人信用情報機関に記録されてしまいますので最初から銀行でカードローンを申し込みましょう。

 

銀行のカードローンは総量規制対象外であるほかにも利点があります。
それはやはり金利の低さです。
消費者金融などは審査が優しく融資が迅速なのですがやはり金利は高めです。
グレーゾーンの廃止によりかなり低くはなりましたが銀行のカードローンとは比べものになりません。
お金を借りるのならば少しでも負担を軽くしたいものです。
また今の銀行カードローンは消費者金融とあまり大差がなくなってきています。
審査も優しくなりましたし、何よりも融資までのスピードが速くなりました。
総量規制にひっかかってしまう専業主婦の方だけでなく、パートや派遣の方など年収の低い方にとって銀行カードローンが強い味方となってくれると思います。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る