ブラックリスト入りの条件

カードローンを利用していくにあたり、ブラックリストなるものが存在していると言われていますが、実際にこのようなリストがあるわけではありません。
ブラックリストというのは、信用情報期間にマイナスイメージの情報が記録として残るので、これが多い人ほどブラック扱いと判断される事から、ブラックリストと呼ばれています。
信用情報期間には、カードローンやクレジットカードの利用状況が逐一記録されます。

 

特に遅れることなく、きちんと返済している人は利用状況を見られても全く問題ありません。
むしろきちんと返済している人は、返済実績が蓄積され社会的な信用度もアップします。
たまたまやむを得ない事情で返済に遅れてしまうと、1回の遅れでも利用情報を見ればすぐに分かります。
さすがに1回の遅れでブラック入りする事はありません。

 

しかし毎回のように返済日までに返さず、遅れるのが当たり前の人は、社会的な信用に大きく傷が付きます。
このボーダーラインに関してですが、返済期日より2ヶ月〜3ヶ月以上遅れた場合は確実にブラック入りすると言われています。
ただし厳しい条件の場合は、1ヶ月でもブラック入りしてしまう可能性はあります。
遅れた場合にはできる限り早めに返済するよう、心がけておかないとその後10年間はクレジットカードの申込や、新たな借り入れができなくなる可能性があるので注意しましょう。
数日の遅れでも毎回遅れるような場合は、イメージとしては悪くなるのでこれも注意しましょう。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る