使用目的に制限がありますか?

カードローンで借りたお金の使い道は、原則自由となっています。
カードローンに申し込もうと思う理由やきっかけも人それぞれだとは思いますが例えば生活費の一部に充てたい、教育のために必要になった、車の購入や旅行の資金にしたいというような場合も可能となっています。

 

ただし車の購入に使う場合は、自動車ローンの方が利用しやすくメリットも多いのでもしかしたら自動車ローンを勧められることもあるかもしれません。
これはいくらくらい使う予定なのかによっても変わるので、よく相談してみるといいですね。
一応カードローンに申し込みをする時、申込用紙に利用目的を書く項目があるので、ある程度理由ははっきりさせておくと、手続きもスムーズです。
原則使い道自由なカードローンですが、唯一事業資金にだけは使用できません。
事業資金には専用のローンが用意されており、そちらのほうが利息も安いので事業資金目的でカードローンに申し込んでも、専用ローンに申し込むよう勧められますので、利用できない可能性の方が高くなります。

 

もう一つ利用目的としてふさわしくないのはギャンブルに使いたいとか、他社への借金の返済のためという理由です。
これらの理由で申し込みをしても、制限がかかるのでおそらく審査で落とされます。
事業用資金の専用ローンにも申込資格があるので100%利用出来るかはわかりませんが、原則自由なカードローンにもいくつか使用目的には制限があることを知っておきましょう。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る