借入は将来に影響する?

現在カードローンを利用している人で、将来的に住宅ローンを利用する予定のある人、もしくは住宅ローンを利用するかもしれない人は、カードローンであっても影響する可能性はあります。
もちろん返済は決められた日までに遅れることなく、きっちりと返済しておくことは言うまでもありません。

 

返済に関して頻繁に遅れるとか、返済できずにトラブルになったような場合は、信用情報期間に全て記録として残ります。
事故やトラブルもなく、きちんと返済した人で完済後そのままになっている人も注意が必要です。
すでに完済しており現在利用がなくても、カードローンの枠を持っているだけで、いつか利用する可能性があるのでイメージ的にはあまりよろしくないそうです。

 

もしも完済して今後使う予定もなく、住宅ローンの利用をする可能性があるならカードは解約しておくことをおすすめします。
カードローンの利用限度額に比べると、住宅ローンの方がはるかに金額は大きくなります。
カードローンも満足に返せない人は、もっと金額が高い住宅ローンの利用に不安が残ります。
本人に悪気はなくても社会的、一般常識的に見たとき、社会的信用に欠ける要素を少しでも持っていると、将来に影響する可能性はあります。
もちろんなんの問題もなく、きちんと返済している人は、将来住宅ローンを利用する事になり申し込みをしても、審査で不利になる事が他になければ過去のカードローン利用歴はそれほど影響しません。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る