カードローンの属性

カードローンの審査内容は非公開となっていますが、ある程度予測する事は可能です。
これは申し込み条件を見るとよくわかるのですが、お金を借りたら返すのがルールなので返済能力があると判断してもらうためには、安定継続した収入がある事は必須条件となります。

 

また職種や雇用形態もある程度の審査基準になるので、属性が高い人ほど審査に通過しやすいと言えます。
審査に有利になると思われる属性は、安定した職業の公務員だといわれています。
身分証明証は運転免許証を使うのが一般的ですが、保険証も属性を証明するのに役立ちます。

 

例えば社会保険に加入している人は、会社の福利厚生がしっかりしているという証にもなります。
国民健康保険の保険証よりも、社会保険の保険証の方が若干有利とも言われています。
住居についても親の持ち家や、自分の持ち家など財産のある人は属性も高く見られやすいといいます。
ただし他にローンを抱えていない事なども考慮されます。
紹介した条件が全てではありませんが、属性についての判断基準にはなります。

 

もちろん業者に聞いてもおしえてもらえませんが、どのような属性が審査に有利になるかを予測する事はできます。
他には他社からの借り入れはあるよりも無い方が属性は高くなります。
独身の人より既婚者の方が家庭という基盤があるので、属性という点で見るとややポイントは高くなるようです。
カードローンに申し込む前に知っておくと役立つ情報です。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る