すでに年収の1/3以上の借入がある場合の追加融資

今現在カードローンで借り入れがあり、その借入総額が年収の3分の1を超えている人もいると思います。
総量規制の対象となるカードローンの場合、法律で年収の3分の1を超える借り入れができないという事になっているので、これ以上は貸してもらえません。
ただし申し込み時よりも収入が増え、年収が増えている場合は収入証明書を提出すれば利用限度額を引き上げてもらえる可能性もあります。

 

しかし基本的に法律で決まっていることなので、年収の3分の1を超えている場合の新たな借り入れは諦めたほうがいいでしょう。
もしもどうしてももう少し必要な場合は、総量規制対象外の銀行系カードローンの利用を検討してみてください。
総量規制の対象となるのは、貸金業法に基づき営業をしている業者です。
銀行は貸金業者ではないので、総量規制の対象にはならないのです。
総量規制対象外なので、もう少し借りたいという人にも可能性はありますが、現在の借入状況や返済状況、年収によっては総量規制の対象外でも、新たな借り入れが難しくなる事もあります。

 

一度も遅れずに返済し、年収がある程度ある人なら新たな借り入れも可能かもしれません。
しかし度々返済に遅れたり、既に月々の返済がギリギリだというような場合は総量規制の対象外であっても新たな借り入れが出来ない可能性はあります。
ここは審査を受けてみないとわからない部分もありますが、利用限度額の範囲内で済むよう計画を立てて利用するのがおすすめです。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る