銀行系ローンと銀行ローンは同じですか

銀行系ローンと銀行ローンは同じではありません。
バックグラウンドが銀行というところは同じですが、銀行ローンは事業主が事業資金などを借りるためのローンなので金額も大きくなります。
銀行ローンの場合は担保や保証人が必要です。

 

一方銀行系カードローンというのは、担保や保証人なしで個人が融資を受けるものです。
この場合は信用貸しになるので、返済能力があるかどうか厳しく審査をして、独自の審査基準をクリアした人だけが利用できます。
カードローンに関しての審査内容は非公開となっているので、審査に落ちても理由は絶対に教えてもらえません。
またカードローンは基本的に使い道は自由となっていますが、事業用資金には使うことができません。

 

この場合は事業用専用の銀行ローンを利用します。
カードローンを事業用資金には使用できませんが、他にもギャンブルや借金の返済のためという理由がある人は利用を断られてしまいます。
事業用資金のためのローンは金額も少し大きくなりますので、カードローンに比べると利息は少し割安に設定されています。
一方のカードローンは信用貸しなので、普通のローンと比べると利息は高めですが、他のカードローン業者に比べると低金利なので人気もあります。
もちろんどちらのローンにも、申し込み資格があり、審査も行われますので全ての人が利用できるとは限りません。
一見似ているように思えますが、銀行系ローンと銀行ローンはこういった違いがあるのです。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る