総量規制について詳しく解説

カードローンに関する法律が2010年に改正されています。
改正後に導入されたのが、総量規制です。
なんとなく聞いたことがあるという人もいると思いますが、総量規制がどういうものなのかはよく知らないと思いますので、簡単に説明しておきます。
総量規制というのは貸金業法に新しく導入された法律で、年収の3分の1を超える借り入れが出来ないというものです。

 

例えばわかりやすいところで年収300万円の人は、総量規制で100万円を超える借入ができなくなっています。
総量規制というのは全ての借入額の合計なので、既に1社で80万円を利用している場合、残りは20万となります。

 

しかし多くの場合カードローンの利用限度額は30万円前後なので、新たなカードローンの申し込みをしても、総量規制ギリギリでは断られる事もあるのです。
年収が多い人ほど、総量規制が適用されても利用限度額は高くなりますが、他社で借り入れがあり多重債務者となっているような場合は、
明らかに返済が苦しい事が予想できるので利用を断られる可能性もあります。
総量規制は、多重債務による自己破産や自殺を防止するために導入された法律です。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外ですが、多重債務者の場合は審査に通過できる保証はどこにもありません。
既に総量規制導入前に年収の3分の1を超える借り入れがある場合は、返済は今まで通り続けられますが、年収の3分の1以下になるまで新たな借り入れはできず、利用限度額も減額される事になります。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る