カードローンの審査基準が知りたい

カードローンを申し込んだ時には必ず審査を受けます。
この審査はどのように行われるかといいますと、まず個人信用情報機関というところにアクセスをされ今までの金融履歴をチェックされます。
金融履歴というのは今まで組んだローンの契約内容、返済状況などのことであり、この金融履歴でもし過去に返済を滞納したり、また複数の消費者金融からお金を借りていたりすると審査に通りにくくなります。
一番審査に通りやすいのはある程度ローンを利用していてそれでいてきちんと返済を続けている方です。
まったく金融履歴がないというのは実はかえって敬遠されることがあります。
それは自己破産や債務整理などは数年間ローンが組めなくなるために、過去にそのような経験があるのでは?と疑われるからです。

 

ほかでは以外と身近なもので気を付けないといけないことがあります。それは携帯電話の支払です。
携帯電話ブラックリストというのが最近急増しているのをご存じでしょうか?
最近はすっかりスマートフォンが定着してきました。しかしスマートフォンは従来のガラケーと比べて端末代が高く多くの方が端末代はローンを組み、月々の利用料金に上乗せして支払っておられると思います。
つまり携帯電話の利用料金を延滞してしまいますと、ローンの支払いを延滞したことにもなり一回ぐらいならばともかく数回も延滞が続きますとブラックリストにのってしまう可能性があります。
そうなるとカードローンの審査には通りません。

 

このほかではカードローンの審査基準として各消費者金融会社独自のデーターベースにより判断されます。
共通していえることは申し込み記入の誤字脱字、また嘘の内容など、信頼を欠けるような行為はしてはいけません。
お金を借りる側もきちんと真面目な誠意を示すことが審査を通りやすくするために一番大切なことだと思います。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る