カードローンの金利はどのようにしてきまるの?

カードローンでお金を借りた場合、必ず利息が発生します。
利息が何%かという年利に関しては、各業者による違いもありますが、予め決まっているので申込み前にホームページなどで確認する事ができます。
金利については4.0%〜14.5%といったように、かなり幅があります。

 

これは最低金利が4,0%で、最大金利が14.5%という意味です。
金利の幅は利用限度額によって変わってきます。
これについては年収なども関係しています。
見分け方としては、利用限度額が多い人ほど金利は安くなり、利用限度額が少ない人ほど金利は高くなってしまいます。
金利を決めるのはその人の年収だと言われています。
カードローンの審査内容は完全非公開となっているので、知ることはできません。

 

しかしカードローン業者の最高限度額が500万円まであったとしても、年収300万円の人が500万を借りるのは無理があります。
この場合金利を低くするには、高い限度額を貰う必要がありますが、年収がいくら以上とラインが決まっているのでそれに当てはまる人しか無理という事になります。
また金利の設定も、50万円までは14.5%、100万円までは12%というように少しずつ利用限度額が高くなるにつれて低金利となっていきます。
カードローンに申し込みをして審査を受ける前に、ホームページを見れば金利が幾らになるのかはある程度想定できます。
返済シミュレーションなどもあるので、申込み前にシュミレーションで月々の返済がいくらになるかもチェックしておくと安心です。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る