カードローンの返済方法

カードローンを利用する場合例えば10万円借りたとして、どのように返済するかはある程度決まっています。
一括で返済する必要はなく、基本的に借入残高に応じて月々の返済額も変わってきます。
月々の返済金額は業者による違いもありますが、10万円を借り入れた場合は月々の返済額は3,000円程度のところが多いようです。

 

返済方法としては、指定した口座からの引き落とし、提携ATMからの払込、店舗に直接返済に行くという方法もあります。
多くの業者でいくつかの選択肢を用意していますので、その中から自分に合った方法を選べるようになっています。
ただし中にはカードレスで、借り入れも返済もすべて銀行振込や引き落としに限定しているところもあります。

 

こういうところはあまり多くありませんが、申し込みをする前に自分に都合のいい返済方法があるかどうかをチェックしておくと安心です。
例えば本来は銀行口座から引き落としという返済方法を選んでいたが、どうしても間に合わず口座に入金できなかった、口座の残高不足で引き落としされていなかったという場合、事前にそのことを電話で伝えておき、当日中に窓口に直接返済シに行けば延滞損害金は発生しません。
1日でも返済期日に遅れてしまった場合は、いかなる理由でも割高な延滞損害金が発生しますのでくれぐれも遅れることのないよう注意しましょう。
また借りすぎてしまうと、月々の返済額も増えていくので、返せる範囲で利用する事も大切です。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る