すでに2社借りていますがさらに申し込めますか?

現在何社から借り入れをしていても、総量規制内であればお金を借りることはできます。
総量規制とは、個人の消費者を借り過ぎによる破綻から護るためにつくられた法律になります。
規制という言葉を聞くと消費者にとって不利益を受けるように感じるかもしれませんが、これは利用者にとって大きなメリットとなる法律なのです。
貸金業者はこの総量規制に違反すると罰金や懲役等を受けなければならなくなります。

 

また、住宅ローンやマイカーローンなどといったように担保があり、返済能力の範囲内であるということが確認されていれば総量規制の対象外になります。
キャッシングは年収の3分の1までというのが総量規制です。
個人の消費者は年収の3分の1以上のキャッシングをすることはできません。
つまり、何社からお金を借りていても、年収の3分の1以上になっていなければ問題はありません。
年収に関しては、給与だけでなく不動産所得などといった定期的に安定した収入を得ることができるものであれば合算することができます。

 

もちろん、パチンコや競馬といったギャンブル、宝くじといったものは一時的なものですので、これは年収に含めることはできません。
総量規制によって無理な借り入れを未然に防ぐというのは、多重債務者や債務整理を少しでも減らすうえで重要なものです。
この総量規制に該当しなければ、複数のカードローン会社から借り入れをしても問題ありませんので、しっかりと覚えておいてください。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る