借入限度額はどうして決まるの?

借入限度額というのは、キャッシングにおいて借り入れをすることができる最大値です。
キャッシングを利用しようとした場合には借入限度額が必ず設定されています。
この借入限度額の枠内であれば何度でも借り入れをすることができます。
借入限度額というのはどのように設定されているのでしょうか?
借入限度額は、言い換えるのであれば、金融機関がどれだけお金を融資してくれるのか、ということでもあります。

 

つまり、人によって借入限度額が50万円の可能性もありますし、100万円の可能性もあるのです。
仮に借入限度額が30万円の場合です。
この場合には、20万円を借り入れしたら、あと借り入れすることができる金額は10万円になります。
そして5万円を返済すれば、借り入れできる額は15万円になります。
この借入限度額はキャッシング利用時の借り入れ審査の内容によって異なります。

 

例えば、アルバイトで月収が10万円程度の学生の方が300万円もの融資を受けることはまず不可能です。
というのも、消費者金融業社は年収の3分の1以上の貸付をしてはいけない、ということが総量規制によって定められているからです。
月収が10万円のアルバイトの方の場合には、ボーナス等はありませんので、年収は単純計算で120万円になります。
年収が120万円ということは、利用限度額は40万円ということになります。
このように借入限度額というのは、収入によって全く異なるのです。
借入限度額は年収からある程度把握することができますので、キャッシングやカードローン利用時には事前にチェックをしておいてはどうでしょうか?

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る