カードローンに保証人や担保は必要ですか?

一般的な消費者金融のカードローンでは保証人や担保は必要ありません。
なぜ必要ではないかといいますと、もしかりに保証人や担保が必要だとしてしまいますと利用者がガクンと減ってしまうからです。
保証人などにはどんなに仲の良い友人知人でも誰もなりたくありませんし、担保を見つけるのも並大抵のことではありません。
これらの負担をなくすことによりたくさんの利用者を消費者金融側は獲得できるわけです。
しいていえば、消費者金融側は借り倒れのリスクを背負ってでも利用者を信用して貸出をしているわけです。
つまり信用こそが保証人や担保の代わりといえるでしょう。

 

しかしやみくもにお金を貸し出してくれるわけではありません。
カードローンでお金を借りるには必ず審査というものを通らなければなりません。
この審査基準は各消費者金融会社の独自のデーターベースによって、利用者の申し込み内容からランク付けをします。
たとえば、何度も借入の返済を延滞していたり、複数の会社から借入をしている申し込み人は「信頼できない人」というランクになり審査に通りにくくなります。
このように消費者金融側も保証人なし担保なしで貸出をするかわりに審査に重点をおいて貸出をするようにしています。

 

カードローンは確かに保証人なし、担保なしで借りられるがゆえに安易に利用しがちですがお金を借りていることには変わりありません。
気軽に借りれるからといって多用せずに、できるだけ短期間で返済できるようにきちんと計画を立ててから利用するのがおススメです。

 

 

総量規制対象外のカードローンを紹介しています。詳しくはコチラ


このページの先頭へ戻る